「力合わせ」の取組推進 川村執行委員長あいさつ
(関係団体 2019-09-12付)

道教組中央委・川村安浩委員長
組合員の拡大などを訴えた

 道教組の第32回中央委員会では、川村安浩執行委員長があいさつに立ち、「力合わせ」をキーワードに、組合員の拡大や道高教組との協力共同、教職員の働き方改革の推進を呼びかけた。あいさつ概要はつぎのとおり。

 この中央委員会は、3月の定期大会以降半年間の道教組運動を振り返り、次回定期大会までの取組を提起し、確定していくことが大きな役割である。課題は様々。そして、一つ一つの課題は、その重要性も困難さも増してきているように感じている。

 この間の取組を、「力合わせ」をキーワードに振り返ってみたい。

▼組合員の拡大

 第1に、まだ私たちの組合に迎え入れることができていない教職員との力合わせ。組合員拡大の課題である。

 3月の定期大会で集中討論を行い、第1回の単組代表者会議においても、多くの時間を割いて論議した。論議を踏まえ、組合づくりのためのリーフレット『WITH YOU』を作成し、組織拡大を真正面に据えた論議を呼びかけた。

 この取組の特徴は、自分たちの足元をしっかりとみつめることから始めようということだった。「組合って何?」「そこに集うことってどういうこと?」「道教組の魅力って?」など、私たちの組合、道教組・全教をみつめ、その良さを語り合うことを出発点にした。そして、自信をもって道教組の仲間に加わってもらうよう語りかける。そんな運動を展開してきた。

 「道教組っていいよね、全教っていいよね」とうなずき合う、道教組の組合員としての自負や誇りを確かめ合う、そんな語り合いを広げること。そして、こんなにも魅力的な組合だからこそ、あなたを仲間に迎え入れたいんだと訴える。「私たちが増やすのは、数ではなく仲間だ」を合言葉に、この運動はまだまだ続く。「力合わせ」ができる仲間を増やそう。

▼道高教組との協力共同

 第2に、同じ全教の仲間である道高教組との力合わせ。

 いまさら述べるまでもなく、道高教組とは、教育全国署名を中心としたゆきとどいた教育の取組、合同教育研究全道集会の取組、道教委との交渉など、多くの取組を共同して行っている。そして、ここ数年、「高教組との協力共同の取組の一層の前進」を掲げ、運動を進めてきた。その中心は、各地域における単組、支部の協力共同を広げることだった。両教組の単組支部代表者合同会議を節目に、各地で多種多様な取組が広がってきている。

 その上に立って、両教組の本部書記局レベル、そして、北海道というくくりでの協力共同の一層の前進をどのように図っていくかという課題に向かっている。より緊密な連携を図ることを目指し、これからの北海道の教職員組合運動を強化していくという観点から議論を進めてきた。そこからは、様々な困難点も浮かんできた。また、協力共同が深まっている地域に力強く励まされてもいる。

 両教組の独自性を生かしつつ共同を深める体制をどうつくり上げていくか、さらなる論議が必要な課題である。その際の視点の一つとして「数の問題だけではなく、どう展望を開いていけるかこそが重要」という、私たちが道教組を結成したときの熱い思いや覚悟が重要ではないかと私は思っている。

 とりもなおさず、道高教組は、私たちにとって最も身近な力合わせの仲間である。様々な形での協力共同を一層前進させよう。

▼教職員の働き方改革

 教職員の働き方改革が国民的な大きな関心事になっている。名古屋大学の内田良教授は「保護者、地域が“先生方を何とかしてあげなければ”と思っている今、その先生方が動かないと見捨てられかねない」と、強烈にハッパをかけてくれている。

 全教は「せんせい ふやそうキャンペーン」に取り組み、道労連は「学校総がかり」運動を提起してあと押ししてくれている。

 この課題は、学校の先生から保護者や地域、多くの労働組合や民主団体、さらには行政も含めた壮大な力合わせを展望し、取り組むことが重要になっている。その広がりをつくるには、教職員の長時間過密労働の問題を、労働条件の問題にとどまらず、教育の問題に直結する国民的課題に押し上げることがカギとなる。

 政府・文部科学省が言う働き方改革は、金をかけず、教員の勤務時間という数字だけを減らせればよいというもの。であるから、その方策というものは「教師が教育の中で果たしてきている役割」を矮小化する方向にしか向いていない。

 「テストの丸付けは担任がする必要はない」「提出された家庭学習にコメントを付けるなどは余計なこと」など、ジタハラとも言われる管理職の言動。「先生は、言われたこと、決められたことだけをやっていれば、勤務時間など増えはしない」とでもいうような事例が目につくようになっている。

 これまでの「物言わぬ教師づくり」という攻撃を、「働き方改革」を口実に一層進めようとしているのではないだろうか。

 先生というのは、子どもを前にしたとき、その子の豊かな発達を願って様々に創造的な取組を行う。その総体が学校であり、だからこそ子どもの成長に計り知れないほど大きな影響を与えるものとなっている。このような先生、学校が担ってきた役割を、働き方改革の名のもとに切り捨てるのは、教育の変質、破壊以外の何ものでもない。

 今問題になっているのは、教職員一人ひとりの勤務が過重になっていること。その解決には、本務を担う教員を増やすことにあることは明白である。増えた教員で分かち合い、力合わせをすることで、学校が担ってきた役割を果たしていける。

 学校が担っている役割はどうなのかという論議は多々ある。しかし、その論議は、働き方改革とは違う次元で行うべきものではないだろうか。教員の過重労働の問題を学校の役割の削減につなげてしまうと、そこに生まれるのは、学校に期待を寄せてくれている保護者・地域・国民とその期待に応えようとしている多くの教職員との分断でしかない。教職員の働き方の実態、多忙さだけではなく、その裏にある先生方の思いも含めて知ってもらい、保護者・地域の期待と結び付けることで、教育をめぐる力合わせが生まれるのではないか。その力合わせが本物の働き方改革の推進力になるのではないだろうか。

(関係団体 2019-09-12付)

その他の記事( 関係団体)

学びに向かう力育成へ 道研連第17次共同研究スタート

 道教育研究所連盟(=道研連)の第17次共同研究内容がまとまった。研究主題は「学びに向かう力の育成に向けた指導と評価の在り方」。研究内容①学びに向かう力の育成に向けた学習指導②主体的に学習に...

(2020-05-27)  全て読む

新支部長に中西教頭 高校教頭・副校長会オホーツク支部

 【網走発】道高校教頭・副校長会オホーツク支部の令和2年度事業計画や役員がまとまった。7月下旬に夏季研究協議会の開催を予定している。新支部長には、北見北斗高校の中西正志教頭が就任した。  ...

(2020-05-27)  全て読む

道中体連2年度活動方針 新型コロナの状況考慮 4市1町で冬季大会 夏季大会は中止

 道中学校体育連盟(中山明彦会長)は、令和2年度活動方針、役員等を決定した。活動の重点として「将来展望を見据えた諸活動の推進」など6点を設定。事業計画では、道内の新型コロナウイルスの感染状況...

(2020-05-27)  全て読む

道社連2年度役員など決定 山下委員長を再任 11月の上川大会は中止

 道社会科教育連盟(=道社連)は、令和2年度の役員などを決定した。札幌市立石山中学校長の山下豊委員長を再任。11月に予定していた第75回道社会科教育研究大会上川大会は新型コロナウイルス感染症...

(2020-05-27)  全て読む

札幌市学校図書館協議会 新会長に木村校長(中央中) 12月大会 開催可否検討

 札幌市学校図書館協議会は、令和2年度の役員などを決定した。新会長に札幌市立中央中学校の木村佳子校長を選任。新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、12月の研究大会について開催の可否を検討す...

(2020-05-27)  全て読む

道特協2年事業計画等決まる 大会中止 実践は誌上で 役員改選 三戸会長を再任

 道特別支援学級・通級指導教室設置学校長協会(=道特協)の令和2年役員および事業計画などが決定した。役員改選では三戸奉幸会長を再任。また、全国特別支援学級・通級指導教室設置学校長協会第57回...

(2020-05-27)  全て読む

新会長に成田氏(東神楽町東聖小校長) 六稜会上川連合会2年度役員

 【旭川発】道教育大学六稜会上川連合会の令和2年度の活動方針や新役員等がまとまった。活動方針に後継者の育成など3点を掲げ、活動をスタート。役員改選では、新会長に東神楽町立東聖小学校の成田光弘...

(2020-05-27)  全て読む

道高教組が道教委に要請 時数確保のみ短絡的 コロナ対策事務連絡撤回を

 道高教組(尾張聡中央執行委員長)は21日、道教委の小玉俊宏教育長に対して、19日付の事務連絡「新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた学校教育活動等の実施における“学びの保障”の方向性等に...

(2020-05-27)  全て読む

道研連 2年度事業計画と役員 Web活用での大会検討 新委員長に道研・鈴木所長

 道教育研究所連盟(=道研連)は、2年度事業計画や役員体制などを決定した。夏季所員研修会や第75回道教育研究所連盟研究発表大会(上川大会)兼第62回全国教育研究所連盟道地区研究発表大会の開催...

(2020-05-26)  全て読む

道図書館振興協議会 新任職員研 来年に延期 役員改選 岩渕会長再任

 道図書館振興協議会は、令和2年度役員などを決定した。会長に道立図書館の岩渕隆館長を再任。事業計画では、全道図書館新任職員研修会を延期することや、全道図書館中堅職員研修会を中止とすることを決...

(2020-05-26)  全て読む