仁木中が校内研修会 ICT 効果的活用は 保健体育科の授業公開
(学校 2020-11-30付)

この記事を全文読むには、ログインする必要があります。

 【小樽発】仁木町立仁木中学校(齋藤啓代校長)は19日、同校で校内研修会を開いた。タブレット端末を活用した保健体育科の授業を公開したほか、研究討議を行い、ICTの効果的な活用などについて研鑚...

(学校 2020-11-30付)

その他の記事( 学校)

課題解決型授業実践校の旭川市朝日小 ICTで思考活性化 端末活用した理科授業公開

旭川市朝日小実践発表会  【旭川発】道教委「課題解決型授業(主体的・対話的で深い学び)に関する調査研究プロジェクト」実践推進校などに指定されている旭川市立朝日小学校(橋本彰校長)は昨年12月下旬、上川合同庁舎で「朝...

(2021-01-15)  全て読む

木製の足踏み式 特センに寄贈 アルコール噴霧器製作 札幌高等養護2年生

札幌高等養護噴霧器特センに寄贈上  札幌高等養護学校(佐々木健校長)木工科の2年生8人は、木製の足踏み式アルコール噴霧器を製作し、道立特別支援教育センターに寄贈した。昨年12月下旬にウェブ会議システムZoomで同校と特別支援...

(2021-01-13)  全て読む

創作意欲あふれる作品完成 附属旭川小3年総合 地域の魅力発信 学びの集大成を披露

 【旭川発】総合的な学習の時間で地域の魅力を発信する動画制作に取り組んできた道教育大学附属旭川小学校(南部正人校長)3年1組の児童は昨年12月中旬、同校で動画披露会に臨んだ。ウェブ会議システ...

(2021-01-08)  全て読む

紋別高 タイの学校と遠隔交流 友好を確かめ合う オリジナルTシャツ披露

紋別高タイとのオンライン交流  【網走発】紋別高校(花松均校長)で昨年12月中旬、紋別市の海外青少年短期留学事業の一環としてタイのウドムスックサー学校の生徒との3回目のオンライン交流が開かれた。紋別高総合ビジネス科の1年...

(2021-01-06)  全て読む

富良野市樹海小が兵庫の小学校と 互いの生活を伝え合う 遠隔交流 気候の違いに驚き

 【旭川発】富良野市立樹海小学校(三木勝仁校長)3・4年生は12月中旬、兵庫県西脇市立双葉小学校とのオンラインによる遠隔交流学習を行った。学校紹介や質疑応答などを通して、地域や文化による違い...

(2020-12-28)  全て読む

道教育大 へき地教育推進フォーラム 道教委の池野総務政策局長 地域に密着した学校を

 道教育大学は17日、第18回へき地教育推進フォーラムのシンポジウムをオンライン開催した。「日本の未来の教育を創造するへき地・小規模校教育の可能性」をテーマに4人のパネリストが発表し、道教委...

(2020-12-25)  全て読む

紋別高 AI活用した生徒評価 教育活動の効果を可視化 客観性もたせ各項目分析

 【網走発】紋別高校(花松均校長)は、AIによるアセスメント・ツール「Ai GROW」を活用した生徒の資質・能力の評価に取り組んでいる。「向上心」「思いやり」など、客観的な評価が難しい項目に...

(2020-12-25)  全て読む

幌加内小と附属旭川小 遠隔合同授業 対話的学びで考え広げ 4年算数「くらべ方」

幌加内小と附属旭川小遠隔授業  【旭川発】幌加内町立幌加内小学校(米津理臣校長)と道教育大学附属旭川小学校(南部正人校長)は18日、ビデオ会議システムGoogle Meetを活用し、4年生を対象とした遠隔合同授業を行った...

(2020-12-25)  全て読む

富良野市樹海小 端末持ち帰りの取組 ルールや環境整備徹底 冬季休業の学習をサポート

富良野樹海小・端末持ち帰りなどの取組  【旭川発】本年度から1人1台の端末が導入されている富良野市立樹海小学校(三木勝仁校長)。日常的な授業における活用に加え、出席停止時の遠隔による授業参加や、持ち帰りによる家庭学習などを積極的...

(2020-12-25)  全て読む

リポート 旭川建協 人手不足解消へ講座 元教員 人材育成で活躍 普通科等卒業の若手向けに

元教員人材育成旭川建協 ◆離職防ぐ対策開始  旭川建設業協会(川島崇則会長)は、初の普通科高校等卒業者を対象とした土木技術者入門講座を6月から4回にわたり実施。講師は元旭川工業高校教諭の宮川淳氏が務めた。  建...

(2020-12-24)  全て読む