石狩管内3年度教育推進の重点 情報教育充実など目標6点 堀本局長 道立学校長に要請
(道・道教委 2021-04-28付)

石狩教育局長堀本厚
石狩教育局・堀本局長

 石狩教育局の堀本厚局長は、20日にオンライン開催した管内道立高校長・特別支援学校長会議で令和3年度管内教育推進の重点(道立学校版)を示した。「社会で活きる力の育成」など、目標は6点。1人1台端末を活用した教育活動の充実を図るとともに、情報活用能力や情報モラルの育成を目指す指導の充実を進めるよう要請した。教育推進の重点はつぎのとおり。

【前年度からの変更点】

▼目標1に「情報教育の充実」を追加

 GIGAスクール構想にかかわり、1人1台端末を活用した教育活動の充実を図るとともに、Society5・0時代の中で生きていく児童生徒に対し、情報活用能力や情報モラルの育成を目指す指導の充実を進める必要がある。

【目標1 社会で活きる力の育成】

▼これからの時代に求められる資質・能力の育成

 視点「教科等を超えた授業改善の視点の共有」を重視し、学校全体で組織的に授業改善に取り組むようお願いする。

▼特別支援教育の充実

 視点「個別の教育支援計画の作成と引継ぎ等への活用」や「特別支援教育にかかる研修の実施」に、これまで以上に意識的に取り組むようお願いする。

▼理数教育の充実

 視点「普段の生活との関連を意識した授業の充実」や「観察・実験を重視する授業の充実」に引き続き取り組むようお願いする。

【目標2 豊かな人間性の育成】

▼道徳教育の充実

 視点「学校全体で行う道徳教育の充実」に、引き続き取り組むようお願いする。

▼いじめの防止や不登校児童生徒への支援の取組の充実

 視点「学校いじめ防止基本方針の見直し・実質化」にかかわり、方針の定期的な見直しと、児童生徒がいじめの問題等について、主体的に考える場を設定するなど、いじめの未然防止に向け、方針を踏まえた具体的な取組を推進するようお願いする。

 視点「不登校児童生徒の相談・指導の充実」については、引き続き学校内外の関係機関と連携を図りながら、すべての不登校児童生徒が、専門機関等による相談・指導を受けることができるようにするなど、不登校の解消に向けた取組を進めるようお願いする。

【目標3 健やかな体の育成】

▼体力・運動能力の向上

 視点「体育・保健体育授業以外の学校の創意工夫による体力向上の取組の充実」に引き続き取り組むようお願いする。

【目標4 学びを支える地域・家庭との連携・協働の推進】

▼学校と地域の連携・協働の推進

 視点「家庭や地域社会との連携及び協働」にかかわり、コミュニティ・スクールと地域学校協働活動など、学びと地域づくりが一体となったプロジェクトの推進に向け、関係者で目標やビジョンを共有する協議を行うなど、地域とともにある学校づくりや「学校を核とした地域づくりに取り組むようお願いする。

【目標5 学びをつなぐ学校づくりの実現】

▼学校運営の改善

 視点「働き方改革の推進に向けた組織運営体制の改善・充実」にかかわり、教職員が児童生徒と向き合う時間の確保に向け、業務改善等を継続的に進めるなど、学校の組織運営体制の改善・充実を図る、働き方改革の推進に努めるようお願いする。

【目標6 学びを活かす地域社会の実現】

▼生涯学習の振興

 例えば、地域づくりにつながる学習活動の機会の充実や生涯学習を推進する人材育成の取組など、視点「学んだ成果を生かした社会参画の促進」に取り組むようお願いする。

この記事の他の写真

石狩管内教育推進の重点(道立学校版)
石狩管内教育推進の重点・道立学校版(クリックすると拡大表示されます)

(道・道教委 2021-04-28付)

その他の記事( 道・道教委)

全道代表高校長研究協議会 道教委所管事項① 新学習指導要領に円滑移行 ICT活用した授業推進

表・上  道教委は令和3年度全道代表高校長研究協議会(4月13日、オンライン開催)で、各課等の担当者による所管事項の説明を行った。うち、高校教育課およびICT教育推進課は、新高校学習指導要領の円滑な...

(2021-05-07)  全て読む

第1弾 教育の情報化など 道教委 ICT活用研修配信開始

 道教委は、オンライン研修プログラムの配信を「ICT活用“みんなで研修プログラム”」サイトから開始した。教員のICT活用指導力の向上に向けた新たな試みで、第1弾として「今日的に求められる教育...

(2021-05-07)  全て読む

道教委 中1ギャップ未然防止事業 新たにICT活用研究 推進地域に全道15中学校区

 道教委は、中1ギャップ問題未然防止事業の令和3年度推進地域、推進校を決定した。推進地域は滝川市立江陵中学校など新規6中学校区を含む15中学校区。本年度は新たに、不登校児童生徒へのICTを活...

(2021-05-07)  全て読む

高校配置計画協議会オホーツク3学区 進路の選択肢残して 美幌高1学級減などで意見

 【網走発】道教委は4月27・28日の2日間、第1回公立高校配置計画地域別検討協議会(オホーツク中学区、東学区、西学区)をオンライン開催した。27日の中学区の協議会には58人が出席。令和5年...

(2021-05-07)  全て読む

後志局が管内公立学校長等会議 実現過程振り返り共有を

 【小樽発】後志教育局は4月中旬、後志管内公立学校校長・副校長・教頭会議をオンラインで開催した。本年度管内教育推進の重点について、「全ての子どもに必要な資質・能力を育成する」ことをテーマに取...

(2021-05-06)  全て読む

後志局教育長会議で川端局長 好取組共有し課題解決

後志局管内市町村教委教育長会議  【小樽発】後志教育局は4月中旬、管内市町村教委教育長会議をオンラインで開催した。川端香代子局長が令和3年度管内教育推進の重点を示したほか、担当者が所管事項を説明。管内教育の充実に向け、理解...

(2021-05-06)  全て読む

各地で公立高配置計画地域別検討会

◆石狩 6年度中卒者5年度比125人増 少人数学級の要望挙がる 以降4年 8~9学級減  道教委は4月23日、公立高校配置計画地域別検討会石狩学区をオンライン開催した。管内の教育関係者80...

(2021-05-06)  全て読む

釧路管内3年度教育推進の重点 GIGAスクール実現 キーワードに 「学びの保障」

釧路教育局長・相川芳久  【釧路発】釧路教育局の相川芳久局長は4月中旬、釧路総合振興局で開かれた管内市町村教委教育長会議で令和3年度の管内教育推進の重点を示した。本年度の「釧路っ子の“学び”を支える管内教育推進マッ...

(2021-05-06)  全て読む

道教委「みんなでムーブ」制作始動 日常的に踊れる作品を 札幌南高生 振付など考案

みんムー打ち合わせ  札幌南高校(廣田定憲校長)ダンス部によるリズム運動の動画教材「みんなでムーブ」(みんムー)の制作活動がスタートした。児童生徒の体力向上や運動習慣の確立を目的に道教委が立ち上げた取組。27日...

(2021-04-30)  全て読む

道教委 3年度働き方改革推進事業 恵庭など13市町村で 35校 手引活用し業務改善

 道教委は、令和3年度働き方改革推進事業の推進地域と推進校を決定した。推進地域は恵庭市など新規7市町村を含む13市町村、推進校は新規10校を含め、小・中学校、高校、特別支援学校合わせて35校...

(2021-04-30)  全て読む