道教委指定校の芽室中校区 中 1ギャップ解消へ小6対象に 子ども理解支援ツールほっと活用
(学校 2022-08-04付)

この記事を全文読むには、ログインする必要があります。

 【帯広発】道教委の中1ギャップ問題未然防止事業の推進地域に指定されている芽室町立芽室中学校区は、子ども理解支援ツール「ほっと」の活用を推進している。前年度の試行を踏まえ、本年度は小学校6年...

(学校 2022-08-04付)

その他の記事( 学校)

地域連携特例校の本別高 教育環境の充実へ 帯広柏葉高と連携し進路講演会など

 【帯広発】本年度から十勝初の地域連携特例校に指定された本別高校(松田素寛校長)は、協力校の帯広柏葉高校(須藤克志校長)と連携した教育活動を進めている。現在までに、進路講演会や夏季講習の参加...

(2022-08-18)  全て読む

帯広豊成小の河川学習に 積極的な導入誓う 岸梅校長 建設企業が大型マップ寄贈

豊成小伊豆倉組から河川マップ寄贈  【帯広発】帯広市立豊成小学校(岸梅哲郎校長)は9日、帯広市内の建設企業(株)伊豆倉組から河川学習用大型マップの寄贈を受けた。市役所で開かれた寄付受納式では、同社の伊豆倉米郎常務が米沢則寿市...

(2022-08-17)  全て読む

函館巴中CSと函館中部高 中学生の意欲向上に一役 高校生延べ140人が学習支援

函館中部高生が中学生に勉強を教える学習サポート会  【函館発】函館市立巴中学校(佐藤雅博校長)学校運営協議会(CS)と函館中部高校(佐竹卓校長)は、高校生がボランティアで中学生に勉強を教える「学習サポート会」を平成30年度から実施している。...

(2022-08-16)  全て読む

ものづくりコン道地区測量部門 函工高が最優秀賞に 2年連続で全国の切符獲得

 【函館発】道工業高校長会・道高校工業クラブ連盟は4日から2日間、函館工業高校で第22回高校生ものづくりコンテスト道ブロック大会の測量部門競技を開催した。道内工業高校7校から生徒約30人が出...

(2022-08-16)  全て読む

オホーツクの特別支援教育充実へ 通常・特支両面から実践発信 文科省事業でリーダー2教員

特別支援教育管内リーダー教員  【網走発】オホーツク管内の特別支援教育の充実に向け本年度、リーダー教員として雄武町立雄武中学校(大崎禎浩校長)の佐野拓生教諭、相澤紗香教諭が活動している。通常学級に在籍する児童生徒の支援の...

(2022-08-16)  全て読む

専門高フューチャープロジェクト ハウス周年栽培 経済性検討など 岩農高 4年度実施計画

 【岩見沢発】2年度から3年間、道教委の「実践的職業教育推進事業専門高校フューチャープロジェクト」の指定を受けている岩見沢農業高校(鎌田一宏校長)は、4年度実施計画書をまとめた。3年目の本年...

(2022-08-10)  全て読む

千歳リハ大と苫小牧東病院 包括連携協定を締結 地域医療の充実と質向上目指し

苫小牧東病院との協定式  北海道千歳リハビリテーション大学(森満学長)と苫小牧市内の苫小牧東病院(橋本洋一院長)は7月上旬、地域医療活動の一層の充実と質の向上を促進するため包括連携協定を結んだ。同院で執り行われた締...

(2022-08-08)  全て読む

南富良野高 育英館大と協定締結 枠に囚われない連携を オンライン講義や合宿など

南富良野高・育英館大と連携協定  【旭川発】南富良野高校(能登啓児校長)は7月26日、同校で稚内市の育英館大学との連携・協力に関する協定締結式を執り行った。能登校長と同大の松尾英孝学長が協定書に署名。能登校長は「両者の教育...

(2022-08-08)  全て読む

道内私大・短大・高校連絡協議会 高・大・社つなぐ入試に 英語民間試験や情報望まず

私立大・短大・高校連絡協議会  道内私立大学・私立短期大学、高等学校連絡協議会が7月28日、ホテルライフォート札幌で開かれた。2人の提言に続いて意見交換し、英語の民間試験や「情報」について高校側から「活用しないでほしい」...

(2022-08-05)  全て読む

石狩厚田学園が環境教育授業 再生可能エネルギー学ぶ 新たな電力供給機能活用し

厚田学園・環境教育  石狩市立厚田学園(岡山拓校長)は7月上旬、7~9年生を対象に「地球温暖化と再生可能エネルギー」をテーマとした環境教育を行った。本年度から運用を開始した小規模エネルギーネットワーク・マイクロ...

(2022-08-05)  全て読む