【解説】飲酒運転根絶に向けて
(解説 2016-08-18付)

 道教委は、医学的な観点等に基づいた「飲酒と健康に関する研修」の研修資料などを作成し、ホームページ上で公開している。

 研修資料では、「飲酒後八時間経過したので問題ない」との主張に対し、体重六十㌔㌘の成人男性がアルコール一単位(ビール中ビン一本、日本酒一合)を飲んでアルコールが体内から消えるまで三~四時間、二単位では六~七時間かかるなどと具体的に説明。アルコールの代謝には個人差があることから、八時間経過しても、アルコールが抜けているとは言えないと指摘している。

 「酒に強いから、少量なら問題ない」との主張に対しては、事故のリスクが、酒の強さではなく、アルコール濃度にあると説明。ビール三百五十㍉㍑缶一本未満を飲むと血中のアルコール濃度が〇・〇一%未満となり、集中力が下がる、一本程度で〇・〇二%となり、多方面へ注意力が向かなくなったり反応時間が遅れたりするなどと、アルコールが運転技能に及ぼす影響を挙げている。

 「飲酒後眠ったから問題ない」という考えに対しては、眠ることでアルコールの分解速度が遅くなると注意喚起している。

 これらのことから、「少量の飲酒でも、運転技能に影響が出るので、短い距離でも、〝飲んだら乗らない。乗るなら飲まない〟を徹底する」とともに、自転車に乗るときも、同様の心構えをもつよう要請。「大切な自分の命を守るため、家族を守るため、だれかを事故に巻き込まないために、〝飲酒運転を絶対にしない、させない〟ようにしよう」と呼びかけている。

 道教委では、職場研修や諸会議等での研修資料の活用を要請。併せて、市町村教委などにも、資料を参考にして、ともに飲酒運転根絶の取組を進めるよう呼びかけている。

(解説 2016-08-18付)

その他の記事( 解説)

【解説】部活動地域移行 受け皿の現状

 スポーツ庁によると、全国に設置されているスポーツ団体等の数は約18万クラブ、人口10万人当たりの平均は142クラブとなっている。  内訳は、スポーツ少年団が約3万団体、競技団体に登録して...

(2022-01-28)  全て読む

【解説】小児コロナ患者の実態調査

 国立成育医療研究センターは25日、新型コロナウイルス感染症のデルタ株流行期における小児患者の実態調査を公表した。流行期に集中治療室に入院した小児患者の割合は1・4%。デルタ株以前の0・1%...

(2022-01-27)  全て読む

【解説】高校の日本語指導制度化案

 文部科学省は24日の中央教育審議会教育課程部会第127回会議で、5年度からの運用開始を予定している高校における日本語指導の制度化案を示した。修得単位数は21単位を超えない範囲とし、卒業まで...

(2022-01-26)  全て読む

私大初年度納付金 過去最高に

 文部科学省は、私立大学等の3年度入学者にかかる学生納付金等調査結果をまとめた。私立大学(学部)の初年度納付金の平均額は前年度比0・1%増の135万7080円と過去最高を記録。入学料の減少が...

(2022-01-24)  全て読む

【解説】公立学校施設の木材利用状況

 文部科学省は18日、2年度の公立学校施設における木材の利用状況についての調査結果を公表した。  対象は、全国の公立学校施設(幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、高校、中等教育学校、特別...

(2022-01-21)  全て読む

【解説】デジタル部活の現状・課題

 経済産業省の設置するデジタル関連部活支援の在り方に関する検討会は、デジタル関連部活実態アンケート調査結果をまとめた。情報研究部、プログラミング部、ロボット部、e―sports部などデジタル...

(2022-01-20)  全て読む

【解説】大卒就職内定 道・東北78・1%

 文部科学省と厚生労働省は14日、4年3月大学等卒業予定者の就職内定状況(3年12月1日現在)を公表した。大学生の就職内定率は83・0%で、前年同期と比べ0・8ポイント上昇した。地域別では、...

(2022-01-19)  全て読む

【解説】コロナ禍の家庭間格差

 ㈱浜銀総合研究所と東京大学大学院は、文部科学省の委託調査「臨時休業時における児童生徒・保護者の対応―家庭・学校間の格差に注目して」の結果をまとめた。  同研究所と東大大学院教育学研究科の...

(2022-01-18)  全て読む

【解説】ICT学習指導 近く調査へ

 文部科学省は12日付で、通知「やむを得ず学校に登校できない児童生徒等へのICTを活用した学習指導等について」を各都道府県・指定都市教委担当課等に発出した。全国的な新型コロナウイルス感染拡大...

(2022-01-17)  全て読む

【解説】18歳の国際強制意識調査

 日本財団がまとめた「第43回18歳意識調査―国際・多文化共生意識」によると、外国にルーツのある子ども(両親または一方が外国籍を持つ18歳未満の人)について、「自分と同等の教育が保障されるべ...

(2022-01-14)  全て読む