【解説】小学校教員採用 倍率が過去最低
(解説 2019-12-26付)

 文部科学省がまとめた令和元年度公立学校教員採用選考試験の実施状況によると、小学校における採用倍率は前年度比0・4ポイント減の2・8倍で平成3年度と並ぶ過去最低値となったことが分かった。

 小・中・高校、特別支援学校、養護教諭、栄養教諭を合わせた受験者総数は、1万2202人減の14万8465人。平成25年度までは増加していたが、26年度から減少に転じ、令和元年度は平成13~14年度と同程度の水準となった。

 採用者数は、1966人増の3万4952人。平成12年度から28年度まで連続して増加していたが、29年度に17年ぶりに減少。30年度と令和元年度は再度増加に転じた。

 試験区分別の採用倍率をみると、小学校が0・4ポイント減の2・8倍で平成3年度と並ぶ過去最低を記録。中学校が1・1ポイント減の5・7倍で4~5年度と同程度、高校が0・8ポイント減の6・9倍で5年度と同程度の水準となった。

 特に、小学校では、採用倍率が過去最高の12・5倍だった12年度において受験者数4万6156人、採用者数3683人だったのに対し、令和元年度は受験者数が4万7661人と増加。その一方で、採用者数は1万7029人と5倍近く増えたことから採用倍率が2・8倍まで低下した。

 地域別で最も高いのは沖縄県の8・9倍、最も低いのは新潟県の2・1倍。北海道は1・1ポイント減の2・8倍だった。

 養護教諭、栄養教諭を除く採用者数に占める女性の割合は、0・2ポイント減の51・3%だった。

 文科省では、引き続き、計画的な教員採用・人事について指導助言を行うほか、教師の働き方改革の徹底による職の魅力向上によって受験者数のさらなる確保に取り組むこととしている。

(解説 2019-12-26付)

その他の記事( 解説)

【解説】新時代の生涯学習・社会教育

 第10期中央教育審議会生涯学習分科会における「議論の整理~多様な主体の協働とICTの活用で、つながる生涯学習・社会教育~命を守り、誰一人として取り残さない社会の実現へ」がまとまった。  ...

(2020-09-29)  全て読む

【解説】共生社会実現に関する調査

 文部科学省は、令和元年度「生涯学習を通じた共生社会の実現に関する調査研究」に関する報告書を公表した。図書館・博物館などの施設が学校の教育活動の一環としての学習活動支援に関する質問に対し、「...

(2020-09-28)  全て読む

【解説】学校施設のバリアフリー化へ

 文部科学省は、学校施設のバリアフリー化加速に向けた緊急提言を取りまとめた。  ことし7月に設置された「学校施設のバリアフリー化等の推進に関する調査研究協力者会議」における調査結果を踏まえ...

(2020-09-25)  全て読む

【解説】萩生田文科相 再任会見

 萩生田光一文部科学大臣は18日、再任後初の記者会見で、成績情報や学習記録などの情報を進学後に引き継ぐため、マイナンバーカードの活用を検討する考えを示した。各市町村における1人1台端末の整備...

(2020-09-24)  全て読む

【解説】著作物の公衆送信無償を要請

 全国都道府県教育委員会連合会は16日、授業目的公衆送信補償金等管理協会(サートラス)に、令和3年度授業目的公衆送信補償金制度額の認可に対する意見を提出した。授業目的で著作物を公衆送信する際...

(2020-09-23)  全て読む

【解説】大学等後期授業に関する調査

 文部科学省は、大学等における後期等の授業の実施方針等に関する調査結果を公表した。後期授業では、ほぼ全大学が対面授業を実施し、うち8割が対面と遠隔を併用する予定であることが分かった。  各...

(2020-09-18)  全て読む

【解説】官報検索ツール 閲覧40年に

 萩生田光一文部科学大臣は15日の記者会見で、都道府県教委などが教員採用に当たって過去の懲戒処分歴を確認できる「官報情報検索ツール」の検索期間を、従来の3年間から40年間に変更する考えを示し...

(2020-09-17)  全て読む

【解説】高等教育の修学支援新制度

 文部科学省は11日、修学支援の対象機関として新たに確認された大学等(確認大学等)を公表した。大学・短期大学は新規確認13校を加えた1060校、高等専門学校は全57校、専門学校は新規確認28...

(2020-09-16)  全て読む

【解説】産学官連携実態調査 総務省

 総務省は、産官学連携による地域活性化に関する実態調査の結果を公表した。地域活性化を図る産官学連携として、全国33の事例を紹介。道内からは、美深町のチョウザメの養殖など3事例を取り上げ、取組...

(2020-09-15)  全て読む

【解説】大学オンライン交流主軸に

 コロナ終息後を見据えた高等教育機関のあるべき国際化の方向性として、約9割の大学が「留学とオンラインを組み合わせたプログラムへの見直し」を挙げていることが文部科学省の調査で分かった。オンライ...

(2020-09-14)  全て読む