【4種校長会長に聞く】 第2回 北海道中学校長会 新沼潔氏 重大な覚悟もち働き方改革
(関係団体 2020-01-17付)

この記事を全文読むには、ログインする必要があります。

―校長会としての新年展望をお聞かせください。  本年度は新しい組織体制となって2年目となり、定着の年でありました。これから、2月に開催される副会長研修会、専門部研修会、理事研修会をもって本...

(関係団体 2020-01-17付)

その他の記事( 関係団体)

道高校長協会が理事研究協議会 授業改善進め準備を 大学共通テストで宮下会長

道高校長協会第3回理事研  道高校長協会(宮下聡会長)は7日、道庁別館で令和元年度第3回理事研究協議会を開いた。47人が出席。2年度の協会活動方針や事業計画などのほか、3年度文教施策要望書の作成に向けて協議した。あい...

(2020-02-12)  全て読む

佐藤会長 指導要領具現化念頭に 札幌市小学校長会が研究大会

札幌市小学校校長会研究大会  札幌市小学校長会(佐藤裕三会長)は6日、ホテルライフォート札幌で令和元年度研究大会を開いた。市内の校長約200人が参加。共同研究主題「未来を創造する札幌人を育成する豊かで確かな小学校教育の...

(2020-02-10)  全て読む

ほっかいどう学推進フォーラム オホーツクの魅力再発見へ 22日に網走でセミナー

 特定非営利活動法人ほっかいどう学推進フォーラム(新保元康理事長)は、22日午後1時10分から網走市民会館で第2回ほっかいどう学連続セミナーを開く。  テーマは「オホーツクの魅力再発見~世...

(2020-02-07)  全て読む

ほっかいどう学推進フォーラム 空知の魅力 討論で再発見 岩見沢で連続セミナー

ほっかいどう学連続セミナー  【岩見沢発】特定非営利活動法人ほっかいどう学推進フォーラム(新保元康理事長)は1月25日、岩見沢市自治体ネットワークセンターでほっかいどう学連続セミナーを開いた。初回となる今回のテーマは、...

(2020-02-06)  全て読む

新地域コンソーシアム設立検討 事業項目は地域理解など 3月末、内閣府に報告へ

 本道の知財創造教育に関する事業を進める地域コンソーシアム会議は来年度、新地域コンソーシアムの設立を目指している。意思決定機関である「評議会」と事業を執行する「事業推進部」での構成を検討。事...

(2020-02-05)  全て読む

道教育振興会と道退職校長会 家庭と地域 連携が大切 第18回教育会議で意見交換

第18回道教育会議  道教育振興会(工藤達成会長)と道退職校長会(黒坂由紀子会長)は1月31日、ホテルライフォート札幌で第18回道教育会議を開催した。主題「“開かれた”学びの環境をどのようにつくるか~新しい時代...

(2020-02-04)  全て読む

北理研が第14回冬季研究大会 知がつながる問題解決 大会報告や研究発表など

北理研冬季研究大会  道小学校理科研究会(=北理研、三木直輝会長)は1月上旬、札幌市立琴似小学校で第14回冬季研究大会を開いた。全道各支部から約150人が参加。研究主題「自然との関わりを求め、知がつながる問題解...

(2020-01-30)  全て読む

第2回地域コンソーシアム会議 住民に取組周知し活性化 2月、札幌で教育プログラム実施

第2回地域コンソーシアム会議  内閣府と連携し、本道の知財創造教育に関する事業を進める地域コンソーシアム会議の本年度第2回会合が24日、TKP札幌カンファレンスセンターで開かれた。委員5人が出席し、「地域主体の地域コンソ...

(2020-01-29)  全て読む

釧路で道高校工業クラブ大会 計算技術 札工が団体優勝 個人部門は札工の内山君

道高校工業クラブ大会  【釧路発】道高校工業クラブ連盟(猪股康行会長)は23・24日、釧路工業高校で道高校工業クラブ大会を開いた。全道15校から生徒、教員合わせて約140人が参加。課題研究発表、計算技術競技の2種...

(2020-01-28)  全て読む

本道3氏に栄誉 文科大臣教育者表彰

 文部科学省は、令和元年度文部科学大臣表彰(教育者表彰)の受賞者を決定した。  本道からは、道小学校長会の大石幸志会長、道中学校長会の新沼潔会長、道高校長協会の宮下聡会長の3人が受賞。表彰...

(2020-01-27)  全て読む