【解説】国家公務員の定年65歳に
(解説 2020-03-24付)

 政府は、現行60歳の国家公務員の定年を65歳まで段階的に引き上げる国家公務員法等の一部を改正する法律案を13日に閣議決定した。60歳以上の管理監督職を管理監督職以外に異動させる役職定年制(管理監督職勤務上限年齢制)、本人の希望で短時間勤務の官職に採用できる定年前再任用短時間勤務制の導入などを盛り込んだ。令和4年4月1日の施行を目指している。

 平均寿命の伸長や少子高齢化の進展を踏まえ、知識、技術、経験などが豊富な高齢期の職員を最大限に活用するため、国家公務員の定年を現行の60歳から65歳まで段階的に引き上げるもの。

 改正案の内容をみると、4~5年度に61歳まで、6~7年度に62歳までと段階的に定年を引き上げ、12年度から65歳までとする。これに伴い、現行の60歳定年退職者の再任用制度は廃止する。

 組織活力の維持のため、役職定年制(管理監督職勤務上限年齢制)を新たに導入。60歳に達した管理監督者(指定職および俸給の特別調整額適用官職等)の職員は、管理監督職以外の官職に異動させる。また、公務の運営に著しい支障が生じる場合に限り、引き続き管理監督職として勤務することができる特例を設ける。

 60歳に達した職員の給与については、60歳に達した日から最初の4月1日以後、適用される俸給表の職務の級・号俸に応じた額に7割を乗じた額とする。

 60歳以後定年前に退職した人については、当分の間、定年を理由とする退職と同様の退職手当を算定。また、定年前に退職した職員を本人の希望によって短時間勤務の官職に採用することができる定年前再任用短時間勤務制を導入。高齢期における多様な職業生活設計を支援する。

(解説 2020-03-24付)

その他の記事( 解説)

【解説】幼児教育の質向上 中間報告

 幼児教育の質の向上についての中間報告が、26日の第8回新しい時代の初等中等教育の在り方特別部会で示された。「幼児教育の内容・方法の改善・充実」など6つの柱を据え、具体的方策を提言。新型コロ...

(2020-05-27)  全て読む

【解説】平成22年出生児縦断調査

 文部科学省と厚生労働省は、第9回21世紀出生児縦断調査(平成22年出生児)結果を公表した。放課後に過ごす場所は、学年が上がるにつれ「学童保育」の割合が低下し、「自宅」「子どもの友だちの家」...

(2020-05-25)  全て読む

【解説】全国学力調査のCBT化

 文部科学省は21日、全国的な学力調査のCBT(Computer Based Testing)化検討ワーキンググループの初会合を開き、全国学力・学習状況調査のオンライン化に向けた検討を開始し...

(2020-05-22)  全て読む

【解説】文科省 2年度交通安全計画

 文部科学省は、令和2年度交通安全業務計画を策定した。文科省および都道府県が講ずべき施策に関する計画作成の基準とするべき事項を定め、関係機関における交通安全に関する施策を計画的に推進すること...

(2020-05-19)  全て読む

【解説】子に対する前兆事案 4月末

 道警本部は、子どもに対する前兆事案の届出受理状況(4月末現在)をまとめた。1月からの累計で前年同期比81件減の125件を受理した。  前兆事案とは、子ども(13歳未満)を対象とする性犯罪...

(2020-05-18)  全て読む

【解説】成年年齢引き下げの浸透度

 法務省は、成年年齢引き下げ後の環境整備に関する浸透度についての調査結果を公表した。成年年齢が令和4年4月に18歳に引き下げられることを知っている若年層(16~22歳)の割合は16・4%。懸...

(2020-05-15)  全て読む

【解説】新規高卒者就職内定98・6%

 道労働局は、道内におけることし3月新規高校卒業者の職業紹介状況(3月末現在)をまとめた。就職内定率は98・6%と、前年同月を0・2ポイント上回り、昭和61年3月卒の統計開始以来最高値を更新...

(2020-05-12)  全て読む

【解説】5月5日から児童福祉週間

 児童福祉の理念の一層の周知を図る児童福祉週間が、5月5日からスタートする。本年度の標語は「やさしさに つつまれそだつ やさしいこころ」。行政、企業、地域社会が連携し、社会全体で子どもと子育...

(2020-04-30)  全て読む

【解説】外国人留学生は31・2万人

 日本学生支援機構は、国内の高等教育機関等における外国人留学生の在籍状況、日本人の海外留学者数(令和元年5月1日現在)をまとめた。外国人留学生数は、前年同期比4・4%増の31万2214人。留...

(2020-04-27)  全て読む

【解説】ネットトラブル事例集 総務省

 総務省は、インターネットトラブル事例集2020年版をホームページに掲載している。軽率な投稿による著作権侵害など、インターネットトラブルの19事例を紹介。各トラブルを予防・回避するためのアド...

(2020-04-22)  全て読む