ほっかいどう学推進フォーラム 空知の魅力 討論で再発見 岩見沢で連続セミナー
(関係団体 2020-02-06付)

ほっかいどう学連続セミナー
まちづくりや教育に携わる関係者120人が参加した

 【岩見沢発】特定非営利活動法人ほっかいどう学推進フォーラム(新保元康理事長)は1月25日、岩見沢市自治体ネットワークセンターでほっかいどう学連続セミナーを開いた。初回となる今回のテーマは、「空知の魅力再発見~世界につながる空知の魅力とそれを支えるもの」。会員や空知管内の教育関係者ら約120人が参加し、日本遺産「炭鉄港」やワインづくりなど、空知の魅力にかかわる4つのセッションとパネルディスカッションが行われた。

 セミナーは、“世界の北海道”を支える人材育成に向け、本道の多様な魅力とそれを支える人々の奮闘を再発見することなどが目的。フォーラムの中核的な活動の一つとして位置付けられており、来月には網走市で2回目の開催を予定している。

 空知教育局の竹林亨局長が来賓あいさつ。

 昨年5月に日本遺産に認定された炭鉄港の歴史にふれ、「いつの時代においても、学校教育は、その地域の将来を担う子どもたちが学び、育つ大切なもの。空知の歴史と歩みにふれることによって、ふるさとを慈しむ心を培い、誇りと展望を見いだし、未来を見つめてほしい」と期待を寄せた。

 今回は、「空知こそが明治日本の原動力だ!~日本遺産“炭鉄港”の魅力とは」「ワインから動き出す世界の空知~世界を目指す空知ワイナリーの魅力と今」「世界史に残る空知のインフラ~石狩川を治めた先人のすごさ」「空知地域の道づくり~泥炭地盤への挑戦」の4つのセッションに続き、パネルディスカッションが行われた。

 パネリストは、各セッションの講師を務めた岩見沢市議会議員・北海道「炭鉄港」市町村議員連盟会長の平野義文氏、㈲山﨑ワイナリー栽培責任者・空知シーニックバイウェイ体感未来道副代表の山﨑太地氏、ノンフィクションライターの北室かず子氏、北海道開発局札幌開発建設部特定道路事業対策官の佐々木克典氏に加え、長沼町教委教育長の間嶋勉氏が務めた。進行はフォーラムの新保理事長と原文宏事務局長が務めた。

 パネルディスカッションのテーマは、「まだまだ眠る空知の宝 子どもに教えたいのはこれだ」。

 中で、平野氏は「日本の近代化を支えたのは空知。しかし、地域に対する自信、誇りを失っているのが現実。それを取り戻すため、まず地域を知らなければならない」と指摘。

 石狩川の治水や北海幹線用水路にかかわった先人について紹介した北室氏も「空知のインフラは日本の近代史が垣間見れる貴重な場所。実物をじかに見ることが大切」と強調。子どもから大人まで、地域に対する理解と愛着を深めることの重要性を訴えた。

 参加した管内の小学校教諭は「子どもたちに伝えたい、授業に取り入れてみたい素材が空知にはたくさんある。石狩川の治水や泥炭とのたたかいなどは、すぐにでも実践できるのでは」と述べた。

 また、地域と学校の協力に関し「学校現場では地域の大人や団体をもっと積極的に活用してほしい」との意見も挙がった。

(関係団体 2020-02-06付)

その他の記事( 関係団体)

北見市版キャリアノート 連続性もった指導可能 市校長会中心に作成

北見市版キャリアノート  【網走発】本年度からキャリア・パスポートの導入が始まったことを受け、北見市では、北見市校長会(佐藤亮会長)が中心となって『北見市版モデル キャリアノート』を作成した。道キャリア教育・進路指...

(2020-04-03)  全て読む

教育関係団体2年度総会見通し 多くの団体が書面で 高校長協会等は遠隔検討

 新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、春に予定されていた教育団体による多くの総会が開催困難となっている。道小学校長会、道中学校長会をはじめとする各団体は、書面で議案の審議を行う方針。一方、...

(2020-04-03)  全て読む

札幌市立高・特校長会が総会 新会長に鈴木氏(啓北商業) 持続可能な人材育成を

札幌市立高特校長会総会  札幌市立高校・特別支援学校長会は1日、ANAクラウンプラザホテル札幌で令和2年度総会・第1回研究協議会を開いた。7月29日に市民ホール・市民交流プラザホワイエで市立高校プレゼン大会・学校紹...

(2020-04-03)  全て読む

道養護教員会の2年度事業等 7月に札幌で研究大会 役員改選 佐藤会長を再任

 道養護教員会の令和2年度事業計画と役員が決まった。主な事業計画では、7月に札幌市内で第50回研究大会を開催。役員改選では、佐藤芳美会長を再任した。  事業計画では、創立70周年記念第50...

(2020-04-02)  全て読む

相澤支部長を再任 新年度役員決まる 北教組函館支部

 【函館発】北教組函館支部の2020年度役員体制が決まった。相澤弘司支部長を再任。書記長に伊藤史人書記次長を新任した。  役員はつぎのとおり。=敬称略= ▽支部長=相澤弘司(函館市立桔梗...

(2020-03-31)  全て読む

子育てママを応援 負担軽減へ無料弁当 美幌町の三共後藤建設

 【網走発】新型コロナウイルス感染拡大防止による臨時休業で、昼食の準備など保護者の負担が増えていることを受け、美幌町の㈱三共後藤建設(後藤武史社長)は、18日から子育てママの応援プロジェクト...

(2020-03-31)  全て読む

札幌市中学校長会2年度役員体制 新会長に葛西氏選任 活動重点 組織強化など

 札幌市中学校長会の令和2年度活動方針ならびに役員が決まった。活動の重点に、「校長会の組織・運営の強化と研修の充実」「学校経営の改善と充実」など4点を掲げた。また、新会長に柏中学校の葛西孝之...

(2020-03-27)  全て読む

尾張委員長を再任 道高教組の2020年度役員

 道高教組は、新型コロナウイルス拡大防止の一環で書面による2020年度役員選挙を行った。尾張聡中央執行委員長の再任など役員を決めた。   新役員はつぎのとおり。=敬称略= ▽中央執行委員...

(2020-03-27)  全て読む

石狩管内小中校長会が初 全校の学校経営方針を グランドデザイン一覧作成

石狩小中校長会グランドデザイン一覧  石狩管内小中学校長会(出村好孝会長)は、管内全小・中学校の令和2年度のグランドデザインをまとめた『学校経営グランドデザイン一覧』を作成した。  各学校でそれぞれ作成しているグランドデザイ...

(2020-03-26)  全て読む

中央執行委員長に木下氏 北教組の新執行部体制

 北教組は、新中央執行委員長に木下真一書記長を選任するなど、新年度からの執行部体制を決めた。新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、3月に予定していた臨時大会を中止し、信任投票を経て23日...

(2020-03-25)  全て読む