指導人材確保の全国事例
(解説 2022-06-02付)

 スポーツ庁の調査によると、運動部活動の地域移行の受け皿となる全国の団体や組織(スポーツ少年団、競技団体の登録チーム、総合型地域スポーツクラブ、フィットネス施設等)の指導者数は約59万人と試算している。しかし地域間の格差が大きいことから、十分な人材の質の保障と確保・育成が必要となる。

 全国の先進事例をみると、部活動指導員の活用、兼職兼業の許可を得た教師による指導、企業、クラブチーム、大学との連携、関係団体等との連携による人材バンクの設置など様々な取組があり、神奈川県横浜市のようにICTを活用した遠隔指導による部活動の支援体制を構築している地域もある。

 指導人材の質を保障するため日本スポーツ協会(=JSPO)は、加盟団体と連携してスポーツ指導者の養成に取り組んでおり、公認スポーツ指導者資格として5領域18種の資格を設けている。6月からは新資格「スタートコーチ(教員免許所持者)」の養成を開始。受講条件は部活動指導経験のある教員免許所持者で、指導期間は不要としている。大学スポーツ協会(=UNIVAS)においては、所属する学生が中学生の運動部活動を指導する際に必要な事前研修の標準化を進めていく方針。

 提言案では指導者の身分保障や質の確保のため、適切な対価支払いや指導者資格の取得等が重要であり、国による支援方策が必要と指摘している。

 地域でのスポーツの指導を希望する教師の兼職兼業に関しては、現行制度でも各教育委員会等の判断で実施可能とされている。提言案では、教育委員会が許可する際に教員の指導が強制となることがないよう本人の意思の十分な確認や、勤務時間、労務災害に関する管理体制の明確化などの配慮が必要としている。

(解説 2022-06-02付)

その他の記事( 解説)

【解説】小児コロナ患者 症状比較

 国立成育医療研究センターと国立国際医療研究センターは12日、小児コロナ入院患者の症状などを「デルタ株流行期」と「オミクロン株流行期」で比較した研究結果を公表した。  新型コロナウイルス感...

(2022-08-18)  全て読む

【解説】内閣府 消費者教育基本方針

 内閣府は、「消費者教育の推進に関する基本的な方針」の見直しに向けた準備を進めている。  方針は、消費者教育の推進に関する法律に基づき策定する消費者教育の担い手にとっての指針。平成25年に...

(2022-08-16)  全て読む

【解説】月例給等 3年ぶりに引き上げ

 人事院は8日、国家公務員一般職の月例給を0・23%(921円)、ボーナスを0・1ヵ月分引き上げるよう国会と内閣に勧告した。月例給・ボーナスの引き上げは3年ぶり。加えて博士課程修了者の処遇改...

(2022-08-10)  全て読む

【解説】全教 教職員未配置実態調査

 全日本教職員組合(全教)は3日、「教育に穴があく(教職員未配置)」実態調査結果を公表した。  調査は、教職員未配置の実態を明らかにし、改善を求めることが目的。全教・教組共闘連絡会に参加す...

(2022-08-09)  全て読む

【解説】全国教育長協議会等の要望

 全国都道府県教育長協議会(会長・浜佳葉子東京都教育長)と全国都道府県教育委員協議会(会長・山口香東京都教育委員会委員)は7月下旬、文部科学省に5年度国の施策ならびに予算に関する要望を提出し...

(2022-08-08)  全て読む

【解説】総務省 中高生向け電波教室

 総務省は、オンラインで受講できる中高生向け電波教室の講座「eラーニングシステム」を開設した。  総務省では、地域社会に密着した立場を生かした電波利用に関する周知啓発活動および相談・助言業...

(2022-08-05)  全て読む

【解説】人文科学等キャリアパス拡大へ

 中央教育審議会大学院部会では、産業界と連携した教育研究体制の構築や教育課程・研究指導の質の保証など、人文科学・社会科学系の大学院教育改革に向けた検討を進めている。末松信介文部科学大臣は2日...

(2022-08-04)  全て読む

【解説】全連小 国に55事項を要望

 全国連合小学校長会(大字弘一郎会長)は7月上旬、文部科学省に小学校教育の充実に関する文教施策ならびに予算に関する要望書を提出した。  要望の内容は「義務教育の質を高めるための教育費の増額...

(2022-08-03)  全て読む

【解説】全国知事会 5年度予算要望

 全国知事会は、5年度国の施策・予算に関する提案・要望案をまとめた。  地域共生社会の実現に向けては、ヤングケアラーの社会的認知度の向上と支援を進めていくため、法令上にヤングケアラーが支援...

(2022-08-02)  全て読む

【解説】留学生をコロナ禍前の水準へ

 文部科学省はコロナ禍で大きく停滞した国際的な学生交流を立て直すため、「高等教育を軸としたグローバル政策の方向性」を公表した。5年後の9年をめどに外国人留学生と日本人学生の留学をコロナ禍前の...

(2022-08-01)  全て読む